婚約指輪とは

いままで結婚を前提に付き合っていたカップルにとって結婚の第一歩となるのが、結婚を申し込むプロポーズです。
男性から女性に向けて行われることが多く、新しい関係の第一歩となります。
そこでプロポーズの言葉と一緒に渡されるのが婚約指輪です。
普段男性がジュエリーを見る機会が少ない為、婚約指輪とその他の指輪の違いがよく解らないという人もいるでしょう。
婚約指輪や結婚指輪はブライダル専門のジュエリーショップがあるほど、特別なものです。
そして百貨店や宝石店でも、婚約指輪や結婚指輪は普通のジュエリーとは違うブースで見分けが付けられるように扱われています。
数ある宝石の中でも婚約指輪や結婚指輪は特別なものだということがわかります。

そこで婚約指輪とはどのようなものなのでしょうか。
婚約指輪は結婚を成立したという証として男性から女性に贈られる指輪の事です。
古代ローマ時代に婚約指輪を贈る習慣が始まり、欧米諸国を通じて日本にもその文化が伝えられました。
日本では主にダイヤモンドを送る習慣があり、ダイヤは宝石の中で最も硬い石なので、愛の固さを意味します。
またダイヤは透明度が高いのも特徴の一つです。
そのため曇りのない気持ちで純粋な気持ちという意味も含まれています。

そして婚約指輪は左手の薬指にはめる指輪です。
古代エジプト時代から左手の薬指は心臓とつながっていると言われていました。
その大事な指に誓いの指輪をすることで生涯の愛のしるしとして婚約指輪は用いられていました。